税理士は企業の味方、円滑に経営を進めていく為のパートナー

コンテンツ

会社経営の為に

会社経営をする為には税金対策など、必要となる作業が数多くあります。税金は複雑な仕組みをしているので、素人が簡単に税務処理をするのは困難でしょう。円滑に正しく行なう為に税理士を雇い入れるのです。

詳細を読む

順調な経営の為に

税理士事務所に仕事を依頼する企業は多くあります。その理由は、決算などに関する情報処理を行わないといけないからです。税金に対して深い知識を持つ税理士のアドバイスを受ける事によって経営を安定して行えるでしょう。

詳細を読む

様々な手続きや相談をすることができる江戸川区の税理士を利用することで、様々な手間を省くことが出来ます。多くの経営者が利用しています。

税理士の仕事

税理士の仕事は依頼者から委託を受けて記帳代行を行うことです。また、税務署が行う税務調査にクライアントの代理人として立ち会うこともあります。税理士は国家資格で試験に合格することで資格を得られます。

詳細を読む

依頼が効果的

会社設立の際に必須な税理士事務所は依頼する前に事前の口コミ調査が必要になります。評判を知る事で信頼できる税理士に依頼出来ます。

税務署の税務調査には、税理士に依頼することが効率的です。

平成25年の国税通則法の改正により、税務署の実施する税務調査については、原則的に事前の連絡が行われるようになりました。これまでの税務調査では、事前連絡なしに突然実施されることがありました。特に、飲食店などの現金商売においては、その事業の実態を把握する必要から多くの場合、事前連絡なしで税務調査が多く実施されていました。税務署の税務調査実施の事前連絡があった場合には、税理士に相談して十分な税務調査対策を講じる必要があります。関係書類のチェックや問題点となる項目の把握などを、顧問の税理士と行っていくことが重要です。また、税理士が税務署に税務代理権限証書という委任状を提出している場合には、調査対象の会社と税理士の双方に事前の連絡が実施されます。

税務調査の事前連絡がない場合もありますので、注意が必要です。

税務調査の事前の連絡は原則的に実施されることになっていますが、例外的に事前連絡なしで実施される場合もあります。過去に不正行為等によって税金を免れたり、帳簿を廃棄したりするなどの不法行為が想定される場合には、事前の連絡なしで税務調査が実施される場合があります。税務調査には、マルサといわれる国税局査察部が実施する強制調査と納税者の協力を得て税務署が行う任意調査があります。多くの税務調査は、任意調査となっています。事前連絡なしで税務署が税務調査に入っても、あわてずに税理士に連絡して、対応することが重要です。会社に税理士が到着するまで関係書類の提出を待ってもらったり、場合によっては税務調査の日程を延期してもらうように依頼することも必要です。

オススメリンク

↑ PAGE TOP